hobbyな毎日

気ままに日常を綴る

無限の住人

木村拓哉格好いい!

とにかく感想はこればかり(笑)
他を見て回った人も好意的な感想はこればっかりで辟易かもしれないけれど、
とにかく1番の感想はこれなんだから仕方ない。

以下ネタバレありなので要注意
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

 

f:id:almamaxxx:20170502020250j:plain

 


斬り殺すシーンから始まってアップが来た時点でもう見とれる。
私は普段五人の中では木村に対して1番厳しい目を向けてると思うけど
この格好良さだけは大絶賛する。
昔からフレームの中でも生のライブ会場でも木村に対する褒め言葉は
「格好いい」しか出てこないのだから仕方ない(笑)

原作は序盤を読破済み。
アニメも12話見て、ストーリーはほぼ理解済みの状態で見ました。

作品自体の感想を言えば
140分は長い。けれどこの話をまとめるのには短すぎる。と言うよくあるパターン。
話を知っている私でも???意味不明?と思う部分がたびたびあり、
一緒に見た原作知らずの他四人は案の定意味がわからずに見てた模様。
その後の食事会で補足したらやっとわかった。
一緒に見た五人のうち私は中居ファンでもう一人が慎吾ファン。
三人が木村ファンなので、三人はひたすら格好いい木村が堪能できれば他は良いとする人たち。
それでも補足を聞いて、それくらいは説明入れてくれないとよくわからなかったよ〜と言ってた。

時間の関係だからとは言えどうなの?
どうなの?と言うのはそもそも監督はなぜこれ選んだんだ。
木村が格好いいだけの物と言われても仕方ないよ。
三池監督は当たり外れとか言われてるけど、
私に言わせればちょっと目立ちたがりの作品が目立つ←ダジャレでなく(・・;)

十三人の刺客は目新しくて、同情する余地のない芯からの悪人珍しい!てこともあって
私も大絶賛したんだけど、藁の楯で裏切られたし(--#)
逆に立場変われば、な
今回みたいなのは難しいよね。

それと脇役の無駄遣いだ。
原作知ってるから思うのかもしれないけど、原作ではもうちょっと出番あるしね。
各々出番が少なすぎ、エピソード端折りすぎ。
ちょい役なら豪華な配役も必要なし。
大人の事情なのはわかりますけどね。


終わってみれば面白いよー。
グロは抑え気味手首飛ぶのは我慢して(笑)飛んでる割には血が少ないから。
女性でもまぁ、たぶん大丈夫。
木村ファンは見てるし(笑)
原作知らない人こそ見に行ってほしい。

福士蒼汰君今まで興味なかったから期待してなかったけど中々いいよ。
美しい剣士だし、
戸田恵梨香ちゃん、足がエロいです、キレイです。
もうちょっと見たかったな。

ひとりひとり言うと壮大なネタバレになってしまうのでこれくらいにしておきます。

 

長時間に及ぶ木村の殺陣は
綺麗な舞いを見ているようで、
続く体力とリズム感と、ライブで踊る姿が被りました。
やっぱ凄い男だわ。

私としては恋愛物よりもこういう方がいい。

 


最後にまたまた苦情というか事務所に一言。

この内容をGWにぶつけてくる意味がわからないわ。
どう考えても家族連れとデートがメインのウィークなのにね。
一年以上も公開時期が決まらずに後から決まった後輩君たちの映画をはめ込んでその後……
悪意としか思えない。
配給がワーナーだしね。
私の僻みと言うならそれでもいいです。
けど、辞めました彼女が居たらこんな公開時期には絶対にならなかったはず。
人を選ぶ映画なのは承知だったはずなのでね。
凄く残念です。

スマノミクス発動

スマステー

久々の中居香取のツーショに歓喜(Ծ﹏Ծ )

 

ご飯のお供は不安的中。

彼は好き嫌いがかなりある。

しかも混ぜ混ぜなどもってのほか(笑)

 

でも凄いよね。

おいしいといったものはもちろん、

拒否ったものまで売り切れ続出。

どこまでも貪欲なスマ姐さんたち。

 

そして本人はそれとなく強調してたよ「赤」を!

5色とか、数字の5とかもね。

赤いネクタイも素敵でした。

 

「俺の司会にいちいちだめだしする」ということは

連絡取り合ってるんだねーーー

いいのよ、わかってたから。

その辺り、サイン送りたかったのよね。

 

今日はツンな慎吾とデレな中居正広でお送りしました!

 

 

#スマステ

#中居正広

#香取慎吾

#SMAP

#スマノミクス

無限の住人

 

 いよいよ公開が近づいてきました。

 

SMAPのメンバーのお仕事が制限されてる感が半端ない(・・;)

この時期お兄ちゃんズが頑張ってる。

中居さんも「図書館」時間移動にかこつけて番宣出まくり、これには活動制限を皮肉る舞台裏が絶対にあると思ってる(笑)

 

 

SMAPは転んでもただでは起きないのだ!

 

 

さて、当然ながら映画は見に行くのだけれど

その前に過去にアニメ化されていたことを発見!

しかも声優陣を見よ!

自分の好きな人がずらーーーっと(歓喜)

今まで知らなかった。

落語心中の後なので関智の声が与太ちゃんに聞こえるにはどうもなぁと思ったけど

それはこっちの都合なので彼のせいでは無い。

三木さんとか、関俊彦(久しぶりのダブル関だわ)

森川、野島、小西、浪川、羽田野etc.

舞台もやったのねー

しかも配役も声優さん多し。

 

誰ヲタだよと言う、木村拓哉を見る前に

他でテンション上がる私なのでしたヾ(≧∇≦)

花咲真一郎シリーズ

 

フォー・ディア・ライフ (講談社文庫)

フォー・ディア・ライフ (講談社文庫)

 

 

 

柴田よしきのファンです。

もうかなり前に「聖なる黒夜」を読んではまり、

RIKOシリーズもお気に入りで何回も読みました。

 

このシリーズもシリーズというものが好みなので手をつけましたが、

山内練も出てきて楽しかった。

 

元警察官で訳ありで退職、現在私立探偵と来れば

是非とも麻生さんとお友達になってほしい(笑)

それで山内のことも語って貰えれば読者は大喜びだけど

柴田さんはそんな安易な手は使ってくれない(・・;)

 

語りましょうよ(笑)

 

 

邪な、というか、

柴田さんの作品は私にようにBL側から入ってきた人も多いと思うけど、

ミステリー好きな人なら入り口がそこでも他作品もそれぞれ秀逸なのがわかるはず。

 

いま流行の作家さんの湊かなえさんも読んだけれど

設定の割に内容がというか話の展開が物足りない。

私はミステリーの女流作家さんなら柴田さんが一番好きです。

 

 

#ミステリー

#読書

#柴田よしき

石の繭

 

 

私がWOWOWの良さを見直したのはこの作品がきっかけです。

 

それまでも海外ドラマが早かったり、他ではやらないアニメやら

ライブ放送など評価はいっぱいありました。

MOZUなどのオリジナルドラマも評価していたけれど改めていいと思った。

 

ミステリー小説原作をドラマ化すると

地上波なら二時間ドラマやら連続ドラマがほとんど。

しかしWOWOWは四時間、五時間など作品によって自由。

それによって端折るでもなく間延びするでもない内容の作品ができあがってる。

そして表現も自由。

昨今地上波がつまらないのは自主規制なのか妙なコンプライアンスなのか、

ごまかしとか消去、削除の表現が甚だしいから。

その点かなり自由。

そしてCM入らないから集中して見られて水を差されないのもいい!

 

実はイマイチと思っていた木村文乃と言う女優さんを見直したのもこの作品。

このシリーズで私は初めて彼女が好きになった。

そして改めて綺麗な人だと思った。

地上波だけで彼女を見ていたら再確認は無かったと思える。

 

 

 

#ミステリー

#木村文乃

 

編み物 新しい素材にはまる

今年になって新たにはまった「REDHEART」なる編み糸。

 

YouTubeで作品を探しているときに

海外サイトで出会ってどうしてもほしくなりました。

 

アクリル毛糸なのに

びっくりな手触り。

ウールでは味わえない、もっちりしてる。

ふんわりではなくもっちりなんですよね。

 

f:id:almamaxxx:20170320155927j:plain

もちろん種類によって違いまして、

このラメ入りが一番柔らかい。

ラメ入りなのに柔らかいのがどうしてなのか謎なんですけど、

ウールって意外に肌触りが良くないんですよね。

メリノとか高いし。

 

それに比べたら悩みが吹っ飛びます。

しかもアクリルなら手入れも楽だしね。

 

次に発色ですよ。

そりゃアクリルだから化繊だから発色がいい。

しかも中間色も豊富。

日本では扱ってる会社も少なくてラインナップも少ない。

最近は柔らかいアクリルも出てきたみたいだけど

これがウールに劣らずというか

ウール以上にお高い!なんなの!?と叫ぶレベル。

 

 

綺麗な色に手触り良し!ではこれらにはまるのも仕方ないよね。

 

f:id:almamaxxx:20170320161816j:plain

 しかも軽いです。

手触りよく軽い。

言うことなしです。

 

海外糸にはまる日々

最近日本の編み図に飽きてYouTubeなどで海外の人の作品を編んでいるのですが、

見始めてすぐに気になったのが

この

RED HEARTなるメーカーの編み糸。

 

f:id:almamaxxx:20170320155605p:plain

日本のものとは違い巻きが大きい!

カラフル!

 

それもそのはず、

日本ではウールが基本ですがここのはアクリルがメイン。

しかも日本でよく手にするアクリルとは違い

手触りがいい中間色も多い。

とにかく私が知っていたアクリル毛糸とは大違い。

 

けれど残念なことに扱っている店はネットを含めほぼ皆無。

調べた結果輸入を扱ってくれているところがひとつだけ見つかり

そこにお願いしています。

 

直接買えたらいいのになー。

英語わかんないし(′︿‵。)

お願いして買っているところもオーナーさんが厳選したものを選んでいるので

何でもあるわけでもなく

輸入した在庫がなくなるとアウトなんですよね。

お願いすると個別に特注もしてくれるんですが(一度お願いしました)

そうそうお願いするのも…と思ってしまいます。

 

今年は秋になったら在庫があるうちに大量にお願いしたいと思う次第。

 

www.redheart.com