Today's mood

気ままに今日の本音、つまりはどうでもいい話…最近SMAPの話題多め

映画「マスカレードホテル」

観てきましたよー。
一言で言えば楽しかった。
やはりスタッフ同じとかキャストも被っているせいか、HEROと同じ楽しさ。


以下ネタバレ含みますので大丈夫な方のみ

↓↓↓↓↓







とにかく大盛況で嬉しいです。
まずはそこ。
言いたくないですけど公開時期とか比較してあれとかこれとか不満はありますが→特に事務所に
まぁいいや。
それがかえっていい方に動いたかもしれないから。

正直言って東野圭吾の作品は好みではないのですけど、映像的にホテルは面白かったですね。
見始めてすぐに
群像劇的茶番劇と頭の中で括りました。
この映画はホテルという雑多なところに集まるヘンテコな人たちをただただ楽しめばいいと思います。
おそらく居るんでしょう。
へんてこりんな人たちが。
ホテルと言うところにはあれだけ世界中からたくさんの人が訪れるのだから、居ない方がおかしい。
そこには犯罪もあるだろうし、小さなドラマは山ほどあるはず。
それを他人事と眺めれば茶番でしかありません。
他人の不幸ものぞき見すれば笑える仕様。
真っ先に思い浮かぶのは「有頂天ホテル
あの映画観た人は絶対に比較してるはず。
どちらも面白い。

松たか子はやはり木村拓哉と相性いいんだなと再確認しました。
絡みは少なかったですけど。
何も予備知識入れて行かなかったけど、最初にわかりやすいコスプレで彼女が登場した時点でわかってしまったのでそこはどうなのかとは思いましたけど。
これはまぁ仕方ないですよね。
ヒロインが松たか子ではなくて長澤まさみだったのも新鮮でいいと思いました。
木村拓哉にはさっぱり系の女優さんが似合います。
HEROと同じで続編が見たくなりますね。

原作は三部作のようで、そのうち1冊は二人が出会う前のようなのでそれほど数は充実してませんが、作家さんに許可を貰ってオリジナルを作ることも可能だと思います。
とは言えそうそうホテルに潜入捜査もどうかと思うから難しいのかな。


今回思いましたね。
長年のファンは違う木村拓哉が見たくて仕方ないのですが、世間の人たちはキムタク王道が大好きなんだなって。
ワンパターンとアンチに悪口言われようと、「キムタク」は代わりが居ないのだから仕方ないのかもしれません。
真逆の意味でキムタク拒否症の私やスマ友もちょっと考えを変えないといけないのかも。

そしてこれはホテルを知る映画てもありますね。
ホテルの仕組み、ホテルで働く人の意気込み。
ホテルの理想を貫く努力もそこに絡むのは全く先が読めない人間の感情。
ホテルは人間の縮図なのかも。
サービス業の人には観て欲しいかも。


にほんブログ村 芸能ブログ SMAPへ