hobbyな毎日

気ままに日常を綴る

毛糸の海外メーカー

 

今年はこのメーカーさんの大ファンになりました。

このブログでたびたび語って大絶賛してますけど、

なんで今まで知らなかったんだろうと残念に思ってます。

 

ほとんどがアクリル毛糸なんですけど、

日本ではアクリルのイメージが悪すぎですよね。

そのせいか種類もほとんど無い。

私はここで出会ってから日本のウール毛糸をほとんど買わなくなりました。

 

いままでもウールでも手触りがよくなかったり重かったりと期待外れが多かったんですよ。

海外のアクリル毛糸はそれを一蹴。

なんと言っても肌触りがよく軽い!

そして発色がよい!

お値段も安い。

デメリットは直接買えないこと。

扱っているお店はほとんど無いので「チカディー」さんというお店の方に一任して取り寄せなどもお願いしています。

現地のお値段は本当に安いのですがそこから運んで貰わねばなりません。

チカディーさんは良心的なお値段で輸入販売してくれてると思います。

 

そしてお気に入りのもう一つの理由

海外のものは巻きが大きい!

これはお値段が安いこととも連動してると思いますが

ウールではないということも関係してるのかな?とも思ってます。

巻きが大きいということは繋ぎの面倒な作業をしなくていいと言うことですし、

200g程の巻きの中で途中の繋ぎもほとんど皆無なのです。

ということは綺麗に編めると言うことです。

 

とにかく手に入れる為のデメリットを除けば商品に対するデメリットが見つからなくて

日本の商品に戻れないのが悩みの種。

 

日本のメーカーさんが作れないわけがないのになぁ…残念。