読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

hobbyな毎日

気ままに日常を綴る

感謝の気持ちと嫌悪感

 f:id:almamaxxx:20160927163846j:image

 

 

日本中でSMAPファンが色々なお祝いをしていました。
 
デビューの思い出の地へ行った人。
 
都電を貸し切っちゃった人、友人たちと派手なパーティー開催しちゃった人。
 
それぞれ思いはひとつです。
 
 
 
そして私たちもいつも集まるメンバーでささやかなお祝いをしました。
 
ケーキ屋さんで「25」のローソクと
 
「anniversary」の飾り。
 
お名前どうしますか?の質問に「SMAP」て入れてください!
 
聞いた方はびっくりだよ(笑)
 
でも店員さんは「私はV6のファンなんです」とそっと教えてくれた。
 
 
 
「おめでとう」「おめでとう」あちこちで交わされるお祝いの言葉。
 
CDショップの店員さんの応援、
 
マスコミの中にも心温まる記事やメッセージを掲載してくれるところだってある。
 
 
 
まさかのデレステPさんたちからのお祝いや激励。
 
 
思わぬところからのメッセージには思わず涙ぐみました。
 
 
 
 
なのに!酷いじゃないですか。
 
肝心のジャニーズ事務所からは一言の祝いの言葉もない。
 
解散の言葉は意気揚々とファンに押しつけてくるのに。
 
解散はまだ12月のはず。
 
 
 
そういう事務所なんですよ。SMAPの扱いはいつだってそんな感じだった。
 
今までSMAPとファンがどれだけ事務所に貢献してきたかなんてこれっぽっちも感謝のかけらもない。
 
 
 
日に日に、SMAPへの感謝とファン同士の絆を感じる中、事務所へはひたすら嫌悪感しか感じません。
 
 
 
 
 
 
#SMAPデビュー祝25周年