読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

hobbyな毎日

気ままに日常を綴る

今回の騒動で思うこと ④

 
f:id:almamaxxx:20160927170512j:image
 
騒動の原因のひとりであった飯島さんが退職されました。
 
実際には今回の騒動の真相は私たちにわからないし、飯島さんの本音もわからない。
でもなぜファンの私たちまで彼女を信頼して来たのかと言えばやはり今までの過去の諸々です。
思えばマネージャーなのにこれだけ有名と言うことはやはりその手腕があればこそ。
一部報道で流れているように一事務員であった彼女は若かった彼らの面倒見ると言う形からスタート。
とにかくデビュー前後もやんちゃだったようで、何時だったかTRFダンサー3人はデビュー前後のSMAPの振り付け&ダンスの先生をしていたようなんですが、当時を振り返ってとにかく言うことを聞かなかったと話していました。このやんちゃ期に私はバラエティを通してSMAPを知りファンになったわけですが、まさに暴走する息子を見るような目で彼らを見ていたのを覚えています。20年以上経った今も同じ目で見ていますが(笑)
となれば、私とほぼ同世代の飯島さんが彼らをどんな風に愛おしんで、手を焼いて、それでも共に歩んできた日が戦いだったかと思わずには居られません。
SMAPには再三有り得ない危機がありました。
森くんの脱退、吾郎&剛の事件。木村くんの結婚。
そのたびに会見するメンバーの側で号泣する彼女が目撃されています。ひとりで6人のやんちゃな男の子を抱えて、デビューから躓いたアイドルを日本一のアイドルにしたのは彼女の手腕なんです。
とにかくビックリするくらい斜め上のことを考えてやって来た。メンバーも彼女も過去のアイドルをなぞることをしなかった。それがまた共感を呼んだと言うことも成功の原点でしょう。
25年と言えば子供を育てて成人して社会人として送り出す年月です。彼女はその長い年月を彼らのためにがんばってくれたと思うと感謝の言葉しかない。本当はこの先も一緒に居て欲しかったけど今度は外から彼らを見守って欲しい。
 
私が好きなこの飯島さんと中居正広のエピソードはもう10年くらい前だろうか。
中居正広が(女の子と)週刊誌に撮られたときと長者番付発表がが重なったときに(中居が)買い物をしていたら電話が来て、これは週刊誌のことだなと思った中居が「出ちゃった?」と言ったら「そんなことどーでもいいわよ、それ自分の問題でしょ、自分でどうにかしなさいよ。それより凄いわよ長者番付一位よ」って飯島さんがまくし立てた話です(中居本人談)
アイドルのマネージャーしてるのに女性問題の方はどうでもいいわよ、自分でどうにかしなさいよ。は、ないんじゃないの~と思いながらこの度胸の据わった女性マネが更に好きになったのでした。
 
飯島さん、長いことありがとうございました。
今度は自分自身の幸せを見つけてくださいね。
ファンはきっとあなたのことは一生忘れません。